老後に2000万円必要?

老後に2000万円必要?

ファイナンシャルプランナーの西田です。

先月から世の中を騒がせている『老後2000万円問題』
老後までにいくらお金を貯めておけば安心できるのか、関心が高いからこその話題かなと私は感じています。

では、本当に『老後に2000万円必要』なのでしょうか?
ファイナンシャルプランナーの考え方でいえば、シミュレーションとしては間違いではないけど、
万人にあてはまる訳ではないので、注釈が必要、ということになります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

ご存知の方も多いと思いますが、今回の2000万円の根拠をざっくりとご紹介。

大前提として、無職の高齢者世帯の統計からの数字です。 

毎月の平均収入が約21万円(ほぼ老齢年金)、毎月の平均支出が約26万5千円
そうすると、毎月5万5千円の赤字ということになります。

次の前提が95歳まで生きるとして、65歳から30年間あります。

そうすると、足りない支出分は、毎月5.5万円×12ヵ月×30年間=約2000万円

以上が、2000万円という数字の根拠です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

ここで、この記事を読んでくださる方に伝えたいのは、
この2000万円というのは、統計を元にした、「たられば」の数字
だということです。

老齢年金が21万円もらえたとして ← 人によって金額違いますよね
支出が毎月5万5千円赤字だったら ← 赤字の家計をずっと続ける?
95歳まで生きたら ←何歳まで生きるか誰も分からない

そもそも、物価が現在と変わらないとすれば、という前提でもあります。

そして、自分自身の老後のお金については、次の3つのステップで考えることをおススメします。

1)自分の老齢年金がどれくらいか計算してみる
2)受け取る年金で生活できるか計算してみる
3)足りない分をどう準備するか考える

1)と2)のステップを計算しないと、「老後までにいくら貯めればいいんだろう」と不安になりがちです。
もらえる老齢年金だけで生活できれば、2000万円も準備しなくていいですよね?
もしくは、年金だけでは足りない計算になったら、いくらあれば安心なのかを計算して、準備していけば、そんなに不安になる必要はないのではないか、と思います。

これから開催予定の「女性のためのマネー講座」では、こういった老後資金の考え方や準備する方法もお伝えする予定です!

講座の日程などの詳しい情報は、こちらの「講座日程」よりご確認ください

関連記事

  1. 通学スタイルのFP試験対策講座~その3~

  2. オンライン講座の良いところ

  3. Zoomイベントの運営しています!

  4. 5月からZoomで講座を開催します

  5. FP試験の勉強法

  6. 8月後半の講座一覧

PAGE TOP