【手帳2020年】EDiTマンスリー手帳~その1~

 【手帳2020年】EDiTマンスリー手帳~その1~ 

富山のファイナンシャルプランナー、社会保険労務士の西田です。

オンラインショップで購入した2020年の手帳が手元に届きました。
今年も使っているEDiT3冊です。

3冊のうち1冊は、新発売のフォーマットです。
『週末重視の月間手帳』という少し長い名前(笑)。
これがですね!
私の探していたフォーマットそのもので、
メーカーのかたに私の心や行動が読まれていたのでは?!と
思ってしまうほど、理想の手帳なのです。

ということで、中身を紹介したいと思います。
長くなりそうなので、2回シリーズです。

表紙は滑らかなポリウレタン素材です。
そしてゴムバンド付きなのが嬉しいです。

表紙は6色から選べたので、ペールアイリスにしました。
2020年の占いを見たら、ラッキーカラーが紫色だったので。

使い方例の紙が一緒にビニール袋に入っていました。
去年まではミニリーフレットで他の手帳の紹介もあったのですが、
今年はどのフォーマットも、その手帳の使い方1枚だけでした。
ちょっと淋しいですね。

マンスリーページは、いわゆるダブルマンスリー。

ひとつめは、ふつうのブロックタイプなのですが、
この手帳の名前『週末重視』は、土日の記入欄が大きめになっている
ことから来ています。
うたい文句に「プライベートを充実」「週末のオフタイムをプランニング」
とあります。

実は、私が探していたのが、土日の記入欄が大きい手帳だったのです!
ただ、うたい文句とは逆でして、週末に講座やイベントが集中する為、
なのですが。

それにしても、意図は異なるとは言え、
私の探していたフォーマットが
愛用しているEDiTから発売されるなんて奇跡です!

ふたつめのマンスリーは、ブロックタイプの次のページです。
1日1行のマンスリーとToDoなどのメモ欄があります。

つまり、1月のブロックマンスリー→1月の1行マンスリー→2月のブロックマンスリー・・・
と同じ月のページが見開き2回続いて、次の月へ、という順です。

このふたつめのマンスリーの下の部分の『THEME』『ToDo』も
私が探していたフォーマットなのでした。

通常の手帳だと、ブロックページにToDO欄があること多いですが、
文字が多くなってごちゃごちゃするし、
プライベートのToDoは人に見られなくないものもあるし。
なので、ブロックマンスリーの次のページにToDoや
その月の目標などを書きたいなーと思っていたのです。

1日1行は、『バレットジャーナル』のマンスリーっぽいですね。
ブロックマンスリーに書ききれない情報を記入したり、
メモ欄にしたり、と使い方は自由がききそう。

本当に理想の手帳なので、今すぐに使いたいくらいです。
実は、4月に開業してから探し求めているフォーマットの手帳が
見つからないので、自作した手帳を現在は使っています。

ロルバーンのノートに自分で枠を作っています。
土日を大きめの枠にして、ToDOは次のページです。

チェックボックスは消しゴムハンコなので、かなりいびつ(笑)。
左側のページは、今までは目標や読みたい本のリストなどを記入していました。
9月からは、EDiTのフォームに慣れるために1日1行にしてみます。

この新発売の月間手帳、まだまだ気に入っているポイントがあるので、
2回目へ続きます。

関連記事

  1. 2020年の手帳

  2. 複数の手帳を使うメリット

  3. KNBテレビの取材を受けました 

  4. 2020年も宜しくお願いいたします

  5. 日経WOMAN11月号の手帳特集に掲載されました!

  6. 続・2021年の手帳

PAGE TOP